スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソングオブウインド産駆 14年6月 成績まとめ

6月のソングオブウインド産駆の成績まとめです。

6月のソング産駆
77出走
中央(1,0,0,1,1,6)
地方(3,14,7,4,6,34)
読み方は(1着,2着,3着,4着,5着,6着以下)です。

前年6月のソング産駆は、
79出走
中央(0,1,1,0,0,12)
地方(4,10,6,8,5,32)

概ね昨年通りの成績ですね。

中央では、マイネルゲール号が昨年8月のシャトーウインド号以来となる勝利を挙げました。
他にも、3歳馬レディカリビアン号が阪神ダート1200mで4着。
最後方から最速で上がってきて勝ち馬からコンマ1秒差。高い能力を見せたレースでした。
新馬のセイカコムルヴァンは、15番人気の低評価ながら5着入選と健闘。
好スタートからよく粘りこみました。小回りの競馬場なら更なる前進も可能かもしれませんね。

地方では、勝ち鞍が3回ということに比べて2着が14回と、勝ちきれない展開が目立ちました。

今月の重賞挑戦は、アイファーソング号の京成盃グランドマイラーズ。
中央登録を抹消されて船橋に移籍したようです。
ただ結果は出遅れて11着に惨敗。逃げれないと駄目な馬なのでこの展開では厳しいですね。


マイネルゲール(中央) 1勝目
11年度産駆として中央初勝利となりました。ダービーデイの勝利でした。

「前が残りやすい馬場というのはわかっていましたが、前半急がせるとラストに響く馬です。道中は無理せず運んで、その分、早めから動いていって直線入口では前の集団を射程圏にいれておきました。ラストはよく伸びて前をとらえてくれましたね。本当に頑張ってくれました。いま考えますと、もしかしたら前回はダートを使ったダメージが残っていたのかもしれませんね。きょうは後肢がすごく力強く感じました。こういう終いを活かす競馬があっているように思います」柴田大知J
「初勝利をあげられてホッとしています。もう一度、東京で使いたいですね」田島調教師

半兄も同じような時期に勝ち上がって、上のクラスでも普通に通用していたようなので期待していたのですが・・・

「マイネルゲールは、屈腱部の腫れと右前肢の跛行が認められました。腱が炎症を起こしており、損傷率30パーセントの屈腱炎で全治9ヶ月以上の見舞金対象との診断。症状が重く、回復にはかなりの時間がかかる見込み。再発のリスクなども踏まえ、引退することになりました。」 ラフィアンターフマンクラブ
無茶苦茶残念です(;ω;)


ゴールドウインド(佐賀) 6勝目
今年に入ってから(4,6,1,0)と、非常に安定しています。
6月も1着1回、2着1回という好成績。


ハシルテンシ(南関) 2勝目
一昨年2月以来となる2勝目。
ただ南関掲示板圏内入着は他地方の1着とほぼ同等の賞金が得られるので、コツコツ賞金は稼いでいた模様。
レースは最内枠スタートを活かしてスムーズに先行。
そのままレースを引っ張り、最後競り合いに持ち込まれましたがなんとかハナ差先着。
よく残ったな。という印象ですね。


ジュメーリイ(門別) 1勝目
今年4月にデビューした12年度ソング産駆初出走の仔で、初勝利もさらっていきました。
ソングオブウインドの初年度世代となる8年度に、
産駒初出走&産駒初勝利を達成したモルフェソングエル号のようですね。
サンデーサイレンスの3×3も一緒ですし、2戦目で勝利したのも一緒(笑)
レースではスタートから積極的に先行し、そのまま後続を寄せ付けることなくゴール。
2着にコンマ7秒差をつける圧勝でした。
モルフェソングエル号みたいにぐんぐん力をつけて2歳重賞に顔を出すくらいになってくれれば嬉しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

K

Author:K
<好きな物事>
競馬 :ソングオブウインド
野球 :松井秀樹
将棋 :木村一基
B'z  :TIME
映画 :フランソワ・オゾン
ピアノ:ファジル・サイ

twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。