スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソングオブウインド産駆 14年9月 デビュー馬まとめ

9月には南関1頭、園田1頭、金沢1頭、岩手1頭、名古屋1頭
以上合計5頭のソング産駆がデビューしました。

コーザンスマッシュ(母父サクラチトセオー(Grey Sovereign系)) 9/2金沢デビュー
トニービンの4 x 3、Seattle Slewの5 x 3、Northern Dancerの5 x 5、Gold Diggerの5 x 4の牝馬クロス
母親はMr. Prospectorと同じファミリーラインで、Mr. Prospectorの母Gold Diggerのクロスがあります。
サクラスマッシュの7番目の仔で、兄姉は南関園田岩手と様々な競馬場でデビューしています。
兄サクラバレットは中央500万勝ち
兄サクラビートルは岩手5勝
従兄に中央G3オーシャンC1着のサクラゴスペル
厩舎は金田一昌
能検は900mを1.01.6秒で6頭中3着
デビュー戦は6番人気6着
積極的に前に行った結果スタミナ切れで下がっていった馬を除けば最下位で見どころなし。
もう少し力をつけないと厳しそう。

ビザンヤマト(母父Conquistador Cielo (Mr. Prospector 系)) 9/4園田デビュー
Mr. Prospectorの4 x 3、Thongの牝馬クロス
モアインヘリタンスの11番目の仔で、兄姉は中央南関園田福山と様々な競馬場でデビューしています。
産駒は非常に多いものの、
姉グレースハートが園田4勝
兄ウインドカッターが中央掲示板圏内2回
くらいで目立った活躍馬はいません
厩舎は稻田彰宏
能検は820mを53.5秒で5頭中3着
デビュー戦は5番人気6着
スタートよれる・道中ちゃかちゃかと子供っぽいところ全開で、体力切れで失速。
もう少し大人にならないとレースになりませんね。

クオーレ(母父アサティス (Topsider系)) 9/12南関デビュー
Northern Dancerの5 x 4
バルジ の11番目の仔で、兄姉は中央門別南関園田岩手と様々な競馬場でデビューしています。
兄バルジフォンテンは中央2勝
従兄に中央G1マイルCS、交流G1東京大賞典1着のトーホウエンペラー
叔父に弥生賞1着m菊花賞2着のレインボーアンバー
厩舎は長谷川忍
能検は800mを54.0秒で5頭中5着
デビュー戦は7番人気5着
勝ち馬から2秒以上離されていることから上位陣とは力の差は歴然も、
下位クラスで掲示板争いをしながら力をつけてくれれば・・・。

テンショウフジ(母父ニューイングランド (サンデーサイレンス 系)) 9/14岩手デビュー
サンデーサイレンスの3 x 3、Northern Dancerの5 x 5
モルフェクラウンの4番目の仔で、兄姉は門別デビューから他競馬場へ移籍というパターン。
兄姉は全て2歳時に門別で勝ち鞍をあげているので、ある程度の実績は期待できそう。
11年度産駆の兄にモルフェピースがいます。
厩舎は新田守
能検は850mを54.4秒で3頭中2着
デビュー戦は5番人気3着
なんとか3着に残ったという感じ。
兄たちもレースに出走し続けて徐々に結果を出してくるタイプだったので、上がり目に期待したいです。

リチュトップ(母父タヤスツヨシ (サンデーサイレンス 系)) 9/18名古屋デビュー
サンデーサイレンスの3 x 3、Mr. Prospectorの4 x 3
リチュアリストの2番目の仔で、姉は南関デビューも掲示板圏内入着経験なし。
厩舎は山内和明
能検は800mを51.7秒で3頭中3着
デビュー戦は2番人気4着
現状の走りを見るに、名古屋の下級クラスではある程度走れそうな感じです。
スポンサーサイト

ソングオブウインド産駆 14年9月 成績まとめ

9月のソングオブウインド産駆の成績まとめです。

9月のソング産駆
105出走
中央(0,0,0,1,0,9)
地方(6,10,6,8,8,57)
読み方は(1着,2着,3着,4着,5着,6着以下)です。

前年9月のソング産駆は、
80出走
中央(0,0,1,1,0,3)
地方(7,11,8,12,8,29)
主な勝ち鞍は、グッドグラッドのA4クラス、ソングライダーの岩手2連勝


今月は先月を更に更に上回る105出走。
2歳馬の出走が非常に多いですね。
門別開催が終わるまではこの勢いが続きそうです。


中央ではシャトーウインドが阪神ダート1800m500万クラスで4着。
安定して掲示板圏内に入れるようになってきました。


重賞には4頭が挑戦。
グッドグラッドを除く3頭は2歳馬。
重賞に出走できる若駒が多いのは非常に喜ばしい。

グッドグラッド ステイヤーズC(2番人気3着)
星雲賞・赤レンガ記念に続く今季3戦目の重賞。
スタミナ面では問題ないと思うのですが、初距離の2600mのペースに対応できなかった印象。
この仔は実際にレースを走ってペースを覚えるタイプなので、戸惑ってしまったのかもしれません。
プラス14キロの馬体重もマイナスに働いた可能性がありますね。
勝ち馬のクラグオーは栄冠賞で同距離を経験していますから、それも大きかったと思います。

サプライズソング フローラルC(1番人気4着)
イノセントC3着のプレミアムトーク号にコンマ4秒の着差をつけて勝利したことが評価され、
1番人気に推されるも、距離が少し長かった印象で4着。
距離短縮でどこまで出来るか。

ジュメーリイ リリーC(10番人気11着)
明らかに面子は格上だったので厳しかったが、自己条件に戻れば掲示板圏内に入れるレベル。
今後の成長に期待したいです。

ルドラヴィーナ 園田プリンセスC(12番人気10着)
門別と園田で戦場は違うものの、ジュメーリイと境遇は似ています。
格上挑戦の重賞では苦戦も、自己条件の2歳2組では2着に好走。


今月は地方で6つの勝ち鞍をあげました。

グッドグラッド(門別) 15勝目
プラス14キロで臨んだステイヤーズCから中一週。
マイナス12キロの馬体重でA1クラスのレースに出走し、貫録の勝利。
勝ったことは喜ばしいですが、短期間での大幅な馬体増減が気になります。
道営記念に向けて万全の状態にもっていければいいですが・・・。

ゴールドウインド(佐賀) 8勝目
月に1~2Rのペースで出走していましたが、8月は出走無し。
7月21日以来の出走となったレースで、見事コンマ5秒差をつける勝利。
少し休んでリフレッシュできたのでしょうか。

モルフェワイン(門別) 5勝目
8月19日以来の勝利。
正直こんなに短い間隔で勝てるとは思っていませんでしたが(笑)、キレのいい末脚が炸裂して5勝目。
この仔の活躍が評価されてか、全弟がオータムセールで334.8万で落札されました。
姉弟でどんどん勝ち鞍を積み重ねていってほしいですね。

アートショウリ(門別) 4勝目5勝目
9月から岩橋騎手に乗り替わり。
コンビを組んでから2戦2勝と絶好調です。
2戦とも中段からの競馬で、最速の上がりを記録しての勝利。
特に5勝目を挙げたレースでは測ったような差切り勝ちで爽快!

マスソングウインド(園田) 2勝目
園田移籍以来、すべて3着以内と安定した成績を残しています。
レースは後方3番手を追走から、3コーナー手前から捲り始め、直線手前で3番手。
直線でも脚色は衰えずに見事な差切り。
長い脚を使えるのが魅力ですね。
プロフィール

K

Author:K
<好きな物事>
競馬 :ソングオブウインド
野球 :松井秀樹
将棋 :木村一基
B'z  :TIME
映画 :フランソワ・オゾン
ピアノ:ファジル・サイ

twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。