スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソングオブウインド産駆 14年8月 デビュー馬まとめ

8月には中央2頭、門別6頭、南関2頭、金沢1頭、岩手1頭
以上合計12頭ものソング産駆がデビューしました。


ゼツミョウ(母父アフリート (Mr. Prospector 系)) 8/3中央デビュー
Mr. Prospectoの4 x 3、Raise a Nativeの5 x 4 x 4
ユーモレスクの3番目の仔で、兄姉は2頭とも中央で勝ち鞍があります。
姉のサイモントルナーレは中央4勝、函館長距離OP丹頂Sにも勝ち鞍。
姉のテーオールネサンスも未勝利、500万と中央2勝
厩舎は高橋文雅
デビュー戦は18番人気18着
次戦も勝ち馬から5.2秒差の大敗。
姉2頭は中央で実績がありますが、共に3歳春以降の未勝利脱出。
あまり2歳の内に消耗させてほしくはないですね。


リックハルチャン(母父アジュディケーティング (Northern Dancer 系)) 8/3岩手デビュー
Northern Dancerの5 x 4
ミカワマドカ の初仔
祖母は新潟記念覇者のセンゴクヒスイ
厩舎は酒井仁
能検は850mを57.5で、6頭中6着。
デビュー戦は4番人気4着(4頭立て)
9月末までに4戦走っていて、徐々に良化しているものの苦戦が続いているようです。


グルグルドカン(母父ニューイングランド (サンデーサイレンス系)) 8/5南関デビュー
サンデーサイレンスの3 x 3
モルフェアトラクトの3番目の仔で、兄姉は共に未勝利
兄のモルフェサマーはソング産駆
厩舎は酒井一則
能検は800mを51.1で、6頭中2着。
デビュー戦は2番人気4着
はやくもモルフェサマーより多く稼いでおり、クロスが濃いと産駒の能力にばらつきがでるようですね。


ラブロマンス(母父クリミナルタイプ (Native Dancer系)) 8/5門別デビュー
Raise a Nativeの5 x 4 x 4、Sweet Tooth の牝馬クロス
マミークイーン の4番目の仔で、兄姉は地方で走っています。
2歳時に未勝利脱出した兄姉は無し。
厩舎は佐久間雅
能検は800mを51.9で、5頭中3着。
デビュー戦は7番人気8着。勝ち馬からは6.3秒差の大敗でした。
スピードはまずまずですが、1200mを走り切るスタミナが無いようです。
現状では1000mでも長い印象。


サプライズソング(母父カリスタグローリ (Nasrullah系)) 8/7門別デビュー
Mr. Prospectorの4 x 4
シンメイジョアーの2番目の仔で、姉は中央デビュー。
アイビスSD勝ちサチノスイーティーを叔母に、アンタレスS・マーチS2着のナニハトモアレを叔父に持ちます。
厩舎は田中淳司
能検は800mを53.0で、6頭中2着。先着されたのは後に対戦することになるプレミアムトーク。
デビュー戦は2番人気1着。
続くOPでも有力馬プレミアムトークを破り連勝。
重賞リリーカップはハ行で回避、フローラルカップは少し距離が長かったようで4着。
門別重賞を盛り上げてくれる非常に楽しみな1頭です。
サチノスイーティのように快速を活かして活躍してほしいですね。


ベニノホマレ(母父スパイキュール (サンデーサイレンス系)) 8/7門別デビュー
サンデーサイレンスの3 x 3、Mr. Prospectorの4 x 5、Northern Dancerの5 x 5
モルフェホープの初仔で、13年度にもソング産駆がいます。
厩舎は千葉津代士
デビュー戦は6番人気7着
サプライズソングと同じレースでデビューでした。


ソングオブクラウン(母父ブラックホーク (Nureyev 系)) 8/14門別デビュー
Nureyevの5 x 3、Northern Dancerの5 x 4、Raise a Nativeの5 x 5
ベティフォーエバーの3番目の仔で、兄姉は地方でまずまずの活躍
姉のサンボンノヤはソング産駆で南関1勝
厩舎は千葉津代士
能検は800mを51.8で、4頭中4着。
デビュー戦は年に2回しかないスーパーフレッシュ認定に出走も、8番人気8着。


サンデンドリーム(母父バブルガムフェロー (サンデーサイレンス系)) 8/15南関デビュー
サンデーサイレンスの3 x 3、Northern Dancerの5 x 5 x 5
モルフェパニーの初仔
13年度にもソングオブウインド産駒がいます。
厩舎は小野寺晋
能検は800mを52.2で、6頭中3着。
デビュー戦は5番人気7着。


ラブゼット(母父デュランダル (サンデーサイレンス系)) 8/19金沢デビュー
サンデーサイレンスの3 x 3、Northern Dancerの5 x 5 x 5、Mr. Prospectorの4 x 5、Nureyevの5 x 4
ヒカルセイザの初仔
厩舎は白井吉美
デビュー戦は4番人気3着。


ヨイチビーム(母父シンコウキング (Northern Dancer 系)) 8/22南関デビュー
Sadler's Wellsの4 x 3、Fairy Kingの4 x 3、Northern Dancerの5 x 4 x 5 x 5、Lisadell、Specialの牝馬クロス
ブルーファイブ の5番目の仔で、兄姉は南関や中央で全頭複数勝利を挙げているように非常に優秀。
姉のビラゴーティアラは中央5勝で、準OPまで勝っています。
厩舎は河津裕昭
能検は800mを52.0で、5頭中4着。
デビュー戦は5番人気3着。
2戦目は距離を伸ばして1番人気2着。
この仔には期待してもよさそうです。


ミッドウェイガール(母父ラストタイクーン (Northern Dancer系)) 8/27門別デビュー
Northern Dancer の5 x 4 x 5、Milan Millの牝馬クロス
ペスカトリーチェ の5番目の仔で、兄姉は地方で走っています。
姉のムーンライトドレスは笠松で9勝しています。
厩舎は山田和久
能検は800mを51.5で、5頭中1着。
デビュー戦は2番人気6着。
後半が課題です。距離の短いレースが組まれている競馬場に移籍できれば活躍できると思います。
スポンサーサイト

ソングオブウインド産駆 14年8月 成績まとめ

8月のソングオブウインド産駆の成績まとめです。

8月のソング産駆
102出走
中央(0,0,0,1,2,11)
地方(9,9,10,12,7,41)
読み方は(1着,2着,3着,4着,5着,6着以下)です。

前年8月のソング産駆は、
87出走
中央(1,0,0,1,1,14)
地方(7,9,10,7,6,36)
主な勝ち鞍は、シャトーウインド号の中央未勝利脱出、レディカリビアン号の認定未勝利勝ちでした。

先月に引き続き多くの産駒が出走。
先月更新した出走記録をさらに更新する102頭もの出走がありました。
願わくば勝ち鞍の記録を更新してほしいところなのですが、それは秋以降の楽しみにとっておきましょう。

まず中央勢。
ビームライフル号が、1000万クラス新潟2200mで4着。
一度通過したクラスですが、なかなか勝ちきれませんね。
ただ、コツコツ着を拾って獲得賞金は6000万を伺うところまで来ました。

ちょうど1年前に未勝利を脱出したシャトーウインド号が、500万クラス小倉ダ1700mで5着が2回。
未勝利脱出以降の中央出走は僅か5回ですが、2回の掲示板圏内。
この仔もコツコツ稼ぎそうですね(笑)

地方勢は、2歳4勝、3歳3勝、4歳1勝、5歳1勝。
フレッシュな産駒が頑張りました。

グッドグラッド(門別) 14勝目
星雲賞で重賞初勝利を飾って、重賞連勝を狙った赤レンガ特別でまさかの敗戦。
悪い流れを引きづりたくない状況で、自己条件に戻ってあっさりと勝ってくるところは流石の一言!
2着のコスモスイング号は今季4戦4勝の上がり馬。
その馬に3キロの斤量差ということで、中々厳しいのではないかと私は思っていたのですが・・・
いやいやそんな心配必要ありませんでした。
最後方待機ながら、ひとたび動き始めると別格!2着にコンマ3秒差をつける圧勝。
さすがはミスター門別。


モルフェワイン(門別) 4勝目
2歳から3歳春にかけて、門別で2勝、南関で1勝と上々の活躍。
しかしそれ以降はなかなか勝ちきれないレース。
ただ掲示板圏内には高確率で入着していたので、展開がはまれば、という感じでした。
今回はまさにそれで、壁を作って内枠で脚を溜められる理想的なレース運びだったと思います。


アートショウリ(門別) 3勝目
門別デビューも勝ち鞍を挙げられずに園田移籍。
その園田で2勝して、再び門別へ再入厩。
入厩2戦目で見事勝利を飾りました。
530キロ台の立派な馬格の青鹿毛と、見た目は本当に綺麗。
飛びが大きい豪快な走り方をします。グッドグラッドみたいになって欲しいですねぇ・・・。


サプライズソング(門別) 1勝目2勝目
門別デビューから2連勝!
2戦とも楽な手ごたえで前目につけられているあたり、加速力はいいものを持っています。
楽に先行できているので直線にも余力が残っているから、最後にきっちり突き放す。
アイファーソングのような競馬をします。
2連勝で臨んだリリー賞は疾病で取り消し。大事なければいいですが・・・。


ノースサンダー(南関) 1勝目
能検いい走りをしていたのが印象に残っているこの仔。
3着・4着ときて、3戦目に初勝利!
2着馬クールテゾーロは次戦でコンマ3秒差をつけて2勝目を挙げていることから、
それを負かしたことには価値がありそう。
面子が強化されてどこまでできるか。次戦が試金石になりそうです。


リョウマアキコ(佐賀) 1勝目
今年デビューの2歳馬。
門別では7・7・5着と振るわず、佐賀へ移籍。
移籍後は3・2・1着と着実に力をつけての勝利。
実況通り、『測ったような差切り勝ち』でした。


サンボンノヤ(南関) 1勝目
デビュー7戦目での初勝利
時期的にちょうど大河で毛利攻めが終わったくらいですかね。
もう少し早ければ、タイムリーだったのですが(笑)
レースは前残りの展開。
最後は2頭の追い比べになりましたが、よく競り勝ちました。


メデュースプラチナ(岩手) 1勝目
デビュー30戦目でようやく勝利。
中央→門別→岩手と渡り歩いた苦労人(?)
中央デビューだと地方移籍したときに少し上のクラスに振り分けられてしまうのが厳しいですね。

プロフィール

K

Author:K
<好きな物事>
競馬 :ソングオブウインド
野球 :松井秀樹
将棋 :木村一基
B'z  :TIME
映画 :フランソワ・オゾン
ピアノ:ファジル・サイ

twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。