スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソングオブウインド産駆 14年7月 デビュー馬まとめ

7月には中央6頭、門別1頭、南関1頭、園田1頭、金沢1頭、岩手1頭
以上合計11頭ものソング産駆がデビューしました。

フェイトセンス(母父メジロマックイーン(My Babu系))7/5 中央デビュー
Northern Dancer 5 x 5
マッキーマドンナの6番目の仔で、兄姉は中央デビューから地方という流れが主流。
兄ロックンロールは中央4勝
姉のエンジェルベイビー(中央3着)はソング産駆
厩舎は佐藤正雄
11年度産駆で、デビューが遅れていました。
デビュー戦は3歳未勝利で18番人気16着と未だ仕上がり切っていない印象。
兄姉の戦績は芝のほうがよさそうなので、あと残りわずかの中央未勝利頑張ってほしいですねぇ・・・。

マイネルガーデン(母父トウカイテイオー(My Babu系))7/6 中央デビュー
Northern Dancer 5 x 5 x 4、Raise a Native 5 x 5
マイネビクトリア の5番目の仔で、兄姉は全頭ある程度の力は示している。
姉マイネアリスは中央1勝、兄マイネルオークベイは地方から返り咲いて500万勝ち。
厩舎は和田正一郎。
新馬戦は10番人気9着。
石橋脩騎手「長く脚を使いそう」
エスポジート騎手「ワンペースの走りをするタイプ、ときいていたとおり、追ってからあまりギアが上がりませんね。ノドからかすれたような異音がきこえ、それが走りに影響しているのかもしれません。」
と、捲る競馬にしろ逃げる競馬にしろスタミナ面の強化が鍵になりそう。

ルシル(母父Bluebird (Storm Bird 系))7/13 金沢デビュー
Northern Dancer 5 x 4
ブルーペルル 9番目の仔で、兄姉は成績にムラがある印象。
兄ペルルデジャルダンは中央1勝、ダークキングダムは南関3勝。
厩舎は鋤田誠二
新馬戦は6番人気2着。
出遅れながらよく伸びました。

ニシキオーカン(母父ボールドノースマン(Nijinsky系))7/19 中央デビュー
Hail to Reason 5 x 5、Flaming Pageの牝馬クロス
ラブリースイート の10番目の仔で、兄姉は中央を主戦場に健闘。
兄ニシキホマレは中央2勝
姉セクシイサウンド・セクシイスイートは中央1勝。
セクシイスイートは中山大障害にも出走しています。
厩舎は谷原義明で、ミラクルオブレナと同じ。障害を見据えた選択でしょうか。
新馬戦は14番人気16着とお話にならない内容。
まぁ姉セクシイガールもデビュー戦は16番人気14着と全くでしたが、
3歳になって掲示板圏内に入ってくるようになったように晩生な血統。
3歳秋以降の障害まで見据えて長い目でじっくり育ててほしいですね。

シゲルアワオドリ(母父ミスターシービー(Nijinsky系))7/19 中央デビュー
Raise a Native 5 x 4、Boudoirの牝馬クロス
イガノミッシェルの9番目の仔で、兄姉は主に南関で活躍
兄コスモミカエルは中央2勝
ナッシュ・イガノキンタロー・ブロンドムスタングは南関で6・4・3勝しています。
厩舎は柴田光陽
デビュー戦は13番人気10着
ダートで見たいですね。

ダンスアンドボイス(母父サニーブライアン (Roberto系))7/19 中央デビュー
Mr. Prospector 4 x 5、Hail to Reason 5 x 5、Northern Dancer 5 x 5
キューバンダンス5番目の仔で、兄姉は中央デビューから地方の流れが主。
兄キューバンエイトは中央2勝
兄タワワはソング産駆
厩舎はスピードファーム御用達の和田正道
新馬戦は16番人気13着
数戦走って駄目なら地方行きかなぁ・・・。

キモンウインド(母父ラムタラ (Nijinsky系))7/20岩手デビュー
Northern Dancer 5 x 4 x 4
プリンセスマリーの7番目の仔で、兄姉は中央・地方問わず活躍しています。
姉シャペロンルージュは中央4勝
兄ジェイケイヒーローは南関5勝(金沢4勝)
厩舎は櫻田浩樹
能検は1000mを1:06.5
新馬戦は4番人気4着でしたが、メンバー中最速の上がりを計測。
一度スピードに乗るとかなりのもの。課題はスタートのダッシュ力ですね。

ウインドオブメイ(母父イルドブルボン(Nasrullah系))7/22 門別デビュー
Northern Dancer 5 x 4 x 5、ファンシミンの牝馬クロス、父母は同じファミリーラインになります。
ツガルダンスの13番目の仔でキンザン・ピラミッドパブロに続く3頭目のソング産駆
厩舎は田中正二
能検は51.6でメンバー中3番目
新馬戦は8番人気8着、勝ち馬から3秒以上の遅れ。
300キロ台という小柄な馬体も気になります。

ルドラヴィーナ(母父Tale of the Cat(Storm Bird 系))7/24 園田デビュー
Mr. Prospector 4 x 4、Seattle Slew 5 x 4、Northern Dancer 5 x 5
エーシンパーティーの4番目の仔で、兄姉は園田や福山、高知などを主戦場にしています。
厩舎は飯田良弘
能検は820mを52.9秒。
新馬戦は6番人気5着。
門別から有力馬が流れてくる前にまず1勝を!

アンダリューサイト(母父Caerleon (Nijinsky系))7/26 中央デビュー
Hail to Reason 5 x 5 x 4、Northern Dancer 5 x 4
マローラ の11番目の仔で、兄姉は中央で活躍している馬も多数。
ファミリーラインも栄えているので繁殖入りも見据えて楽しめそう。
ナリタマローラ・サクセスラゴーラ・ナンヨーナイトが中央2勝。
ペニーウエイトも中央1勝。
厩舎は松山将樹。
新馬戦は11番人気5着。
上りは2番目と、低評価ながらなかなかの走り。スローながら内で足を溜めてよく伸びました。
まずは未勝利脱出を目指して頑張ってほしい。

ネップウレディ(母父マイネルラヴ(Mr. Prospector系))7/28 南関デビュー
Mr. Prospector 4 x 4
ディアースパークルの初仔。
厩舎は岡野尚光
能検は52.2でメンバー中1番。
新馬戦は3番人気3着
フラフラしたり、騎手の合図にすぐに反応しなかったりと幼さを見せていますが、能力はなかなか高そう。
スポンサーサイト

ソングオブウインド産駆 14年7月 成績まとめ

7月のソングオブウインド産駆の成績まとめです。

7月のソング産駆
101出走
中央(1,0,0,1,2,6)
地方(5,6,9,16,11,35)
読み方は(1着,2着,3着,4着,5着,6着以下)です。

前年7月のソング産駆は、
95出走
中央(0,1,2,0,0,13)
地方(10,8,12,10,8,35)
前年は2歳馬レディカリビアン・タヌキック、グッドグラッドの3連勝と門別勢の活躍が目立ちました。

今月はソングオブウインド産駆最多出走記録を更新する101出走。
3桁出走は初ですね。
中央で5頭が掲示板圏内入着、
地方ではグッドグラッド号が重賞赤レンガ記念で2着と、
比較的高いレベルでソング産駆が活躍し、なかなか見どころが多い月となりました。

中央掲示板圏内は
カゼノトビラがデビュー2戦目となる函館未勝利芝1200mで1着
ビームライフルが中京1000万芝2000mで4着
マイネルリアンが福島未勝利芝1800mで5着
アンダリューサイトが札幌新馬戦芝1500mで5着
と2歳勢の頑張りが目立ちました。


カゼノトビラ(中央) 1勝目
丸山元気騎手 「スムーズな競馬ができました。追ってからもうワンパンチ欲しいところですが、今の状態を考えると勝つことができてよかったです。トモがパンとすれば、もっとよくなってくると思います」
12年度ソング産駆の中央初勝利。
好スタートから好位追走。前に行った馬が潰れていく中、差し馬と遜色ない上がりを記録しての勝利。
兄姉は秋以降に力をつけている仔が多いので、早熟馬ではなさそう。
函館2歳への重賞挑戦も、15番人気ながらコンマ5秒差の11着とコットンフィールドよりは頑張りました。
この仔は距離が伸びて更によくなりそうなので、今後も楽しめそう。

グッドグラッド(門別) 13勝目
星雲賞のあとに予定していた6/25のレースが濃霧で中止。
そこで赤レンガ特別の叩きとして選ばれたNOSAI日高特別で貫録の勝利。
自己条件だとトップ斤量も全く問題なし。
先行有利の展開でもきっちり差切り。
2着にコンマ2秒差も、着差以上の強さを見せつけました。

ゴールドウインド(佐賀) 7勝目
今月も元気に1着1回、3着1回。
もはや定期。
この仔強いんだが、なんだか取りこぼしが多い印象。

リュウノヒカル(門別) 1勝目
12年度産駆3頭目の勝利。
フレッシュ・認定未勝利でも掲示板圏内に入る力があるので、通常の未勝利戦なら力は上位。
馬込みで脚を溜めて、追われてからはよく伸びました。
飛びの大きい走りで馬格も悪くない。
次は認定未勝利。展開次第で2勝目も期待できますね。

マスソングウインド(園田) 1勝目
中央から園田へ移籍。
その初戦+32キロの仕上げで、出遅れで最後方からの展開ながら見事勝利。
次戦も一度破ったエーシンオマーンに2キロの斤量差を活かされて先着されるも、力は見せました。
これはタガノラガマフィンのような活躍が期待できそうか。

モルフェマンボ(門別) 1勝目
11年度モルフェ軍団(7頭中)5頭目の勝利。
門別⇒岩手⇒名古屋⇒門別と昨年5月から休みなく走り続けて29戦目で初勝利。
好位からじわじわ伸びてきて、2着馬にコンマ1秒差先着。
残る未勝利モルフェはモルフェティとモルフェサマーの2頭。
ここまできたら全頭勝ち上がってほしい!

重賞挑戦は
コンプリートが盛岡のフェアリーカップに出走し、9番人気9着。
昨年に引き続いての挑戦。
やっぱり1800mは長い印象。

グッドグラッドが門別の赤レンガ記念に出走し、1番人気2着。
バルーン・スーパーパワー・ニシノファイターといった門別有力馬には先着したものの、
中央から移籍3戦目となるトミケンヒーローに(展開の影響もあったと思いますが)コンマ7秒差をつけられる完敗。
勝ち馬は怪我をする前は7戦で中央の準OP勝ちまでした素質馬ですから、
本来の力を取り戻せば地方にいるべき実力の馬ではないですよね(笑)
ですが、グッドグラッドもまだまだ伸びしろのある馬。再逆転を信じたい!!!
プロフィール

K

Author:K
<好きな物事>
競馬 :ソングオブウインド
野球 :松井秀樹
将棋 :木村一基
B'z  :TIME
映画 :フランソワ・オゾン
ピアノ:ファジル・サイ

twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。