スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソングオブウインド産駆 14年6月 デビュー馬まとめ

6月には中央6頭、門別5頭、南関1頭、佐賀1頭
以上合計13頭ものソング産駆がデビューしました。

リュウノヒカル(母父ブライアンズタイム (Roberto 系))6/4門別デビュー
Hail to Reasonの5 x 4、Northern Dancerの5 x 5
ヒカルヨコスカ の5番目の仔で、兄姉は地方中央問わず様々な競馬場で活躍しています。
兄のヒカルヨコハマは中央勝ちもしています。
従姉のフーラブライド は 愛知杯(G3)、中山牝馬S(G3)を制しています。
厩舎は桑原義光
能検は53.3で5頭中2番目。
新馬戦は6番人気5着でしたが、続いて出走した未勝利戦ではある程度の力は示している。
2歳の内に認定勝ちくらいは期待できそうですね。

アサンテ(母父バブルガムフェロー (サンデーサイレンス系))6/12門別デビュー
サンデーサイレンスの3 x 3、Northern Dancerの5 x 5
モルフェフラウアの3番目の仔で、姉は2頭とも地方で勝ち鞍あり。
11年度産駆にモルフェスプリング、13年度にも全妹がいます。
厩舎は谷口常信
能検は53.4で5頭中3番目。
新馬戦は9番人気10着、続く未勝利戦でも苦戦・・・。
まぁモルフェスプリングもこんな感じだったし、秋以降に期待。

ピラミッドパブロ(母父イルドブルボン(Nijinsky 系))6/13南関デビュー
Northern Dancerの5 x 4 x 5、ファンシミンの牝馬クロス
ツガルダンスの12番目の仔で、兄姉は中央・南関・門別とレベルの高い競馬場で活躍しています。
マサデパンは中央障害、シュヴァーベンは中央ダートで勝ち鞍があります。
10年度産駆にキンザン、12年度産駆にもソングオブウインドをつけた全妹がいます。
キンザン号も金沢で新馬勝ちを含む4勝とまずまず活躍しましたね。
厩舎は深野塁、3歳デビューの11年度産駆ですね。
デビュー戦は3番人気2着と力を示しました。
一番下のクラスからどこまで上まであがれるか楽しみです。

マイネルリアン(母父ミラクルアドマイヤ (Grey Sovereign 系))6/15中央デビュー
トニービンの4 x 3、Sadler's Wellsの4 x 4というクロスを持ちます。
クレバークレバー の4番目の仔で、兄姉は中央デビューから地方移籍というパターン。
兄姉に目立った活躍馬はいませんが、従兄にミラクルオブレナがいるので血統的相性は良い可能性。
厩舎は伊藤大士。
デビュー戦は東京芝1800mで、6番人気7着という結果。
いろいろ荒削りでまだまだ改善の余地が大いにありそう。馬格もあり普通に力はあると思います。
ラフィアン所有馬で毎週情報が入ってくるので、応援する立場からしてみれば嬉しいですね。

デンバー(母父アジュディケーティング (Danzig系))6/15中央デビュー
Northern Dancerの5 x 4
ベルモントナウシカ の7番目の仔、上は全て姉で主に南関で走っています。
スマートボーロは南関7勝となかなかの活躍を見せました。
厩舎は星野忍
新馬戦はマイネルリアンと同じ東京芝1800mで、5番人気6着という結果。
青鹿毛の馬体と額の星がかっこいいです。

シーエークイン(母父ディアブロ (Hail to Reason系))6/17門別デビュー
Haloの4 x 4、Northern Dancerの5 x 5
ディアダンサーの初仔
厩舎は谷口常信
能検は54.2で6頭中6番目
5月の新馬戦は取り消して仕切り直しのデビュー。
8番人気8着で、勝ち馬からは6.4秒差をつけられる大敗
今後の成長し期待ですね。

ノースサンダー(母父アサティス (Topsider系))6/20南関デビュー
Northern Dancerの5 x 4 x 5、Mr. Prospectorの4 x 5、Intriguingの牝馬クロスを持ちます。
ピュアボイスの6番目の仔で、兄姉は地方でのみ走っています。
11年度産の全姉にドレスデンドールがいます。
能検では50.7を叩きだし、6/3に試験を受けた馬の中で一番の時計を記録しました。
デビュー戦は3番人気3着の結果。
人気馬が先行してそのままという展開。この仔は3番手につけてそのまま3着でゴール。
この仔にも大いに期待していますが、
同じ新馬戦の勝ち馬リヴィングフェイスの13年度産駆がソング産駆なので、そちらにも大いに期待です(笑)

カゼノトビラ(母父ファーディナンド (Nijinsky 系))6/21中央デビュー
Northern Dancerの5 x 4
ラフレシアダンサー の9番目の仔で、兄姉は全員中央デビュー
ブエノディオスは3歳4月に未勝利脱出
ファインブラヴォーは2歳11月に未勝利脱出
ステニスハートは新馬戦で勝ち上がり
ラフレシアボルトは地方16勝、パーシングは地方13勝
と活躍した兄姉たちが多いですね。ただ、500万クラスを勝った馬はいない模様。
厩舎は根本康広
新馬戦は函館芝1200mで9番人気6着。
しかし次戦の未勝利戦で見事勝ち上がり!12年度産駆中央初勝利です。
兄姉が超えられなかった500万の壁を越えられるか楽しみですね。

メザセチョウテン(母父De Niro (Mr. Prospector 系))6/22佐賀デビュー
Mr. Prospectorの4 x 4、Northern Dancerの5 x 5
オトボケの7番目の仔で、兄姉は中央デビューから地方移籍の流れが多い模様。
半姉のオオハシャギが金沢で8勝を挙げている以外は目立った活躍馬はいませんね。
厩舎は山下定文
新馬戦は5番人気7着、2戦目は11番人気11着、どちらも大差負け。
九州トレーニングセールで購入してもらった馬主さんの期待に応えてほしいものですが・・・。

ロンディネ(母父ダンスインザダーク (サンデーサイレンス系))6/25門別デビュー
サンデーサイレンスの3 x 3、Sadler's Wellsの4 x 4、Northern Dancerの5 x 5 x 5
タッカーアツヒメ の2番目の仔で、姉は南関デビュー。
姉は勝ち鞍こそないものの、掲示板圏内に入着して小銭は稼いでいるようです。
この仔もサンデーの3×3。
サンデー3×3はふり幅が大きい気がします。いい方向に向いてくれればタフで走るのですが・・・。
厩舎は田中正二
能検は53.5で5頭中4着という結果。3/19に試験を受けたのですが、これは12年度産駆での一番最初。
新馬戦は6番人気5着。スピードに乗るまでが遅く後ろからになってしまうことが課題。
まぁサンデー3×3は急に走り出すということもあるので、気長に見守りたいですね。

ドウジマボーイ(母父ステイゴールド (サンデーサイレンス系))6/26門別デビュー
サンデーサイレンスの3 x 3
ラティアス の初仔。母父ステイゴールドのソング産駆は初めてですね。
厩舎は柳沢好美
能検は53.1で5頭中5番目。
新馬戦は10番人気5着。出遅れて最後方からの競馬も、よく追い込みました。

セイカコムルヴァン(母父レジェンドテイオー (ノーザンテースト系))6/29中央デビュー
Northern Dancerの5 x 4
セイカシミズダニの7番目の仔で、兄姉は全員中央デビュー。
セイカドルチェは3歳5月未勝利中央勝ち鞍があります。
セイカミカワは一度地方に下ったものの4歳500万クラスで中央での勝ち鞍があります。
厩舎は南田美知
新馬戦は東京芝1400m。
15番人気の低評価ながら5着入選という結果。12年度産駆中央初掲示板以内はこの仔でしたね。
晩生の血統なのでじっくり育ててほしいものですね。

トーセンアプローズ(母父Honour and Glory (Man o'War系))6/29中央デビュー
The Axe の5 x 5
アンジェロファニーの4番目の仔で、姉たちは中央門別園田で活躍。
キービスケットは3歳4月に未勝利脱出
厩舎は成島英春
新馬戦は函館芝1200m。
8番人気7着という結果。後ろの方について回ってきただけですね(笑)
ただ函館1200mの1:11.8という時計、姉のキービスケットのデビュー戦の1:13.4より速かったりするんですよねw
もちろん後者のほうが開催が後で芝が荒れているので単純比較出来ませんが(笑)
スポンサーサイト

ソングオブウインド産駆 14年6月 成績まとめ

6月のソングオブウインド産駆の成績まとめです。

6月のソング産駆
77出走
中央(1,0,0,1,1,6)
地方(3,14,7,4,6,34)
読み方は(1着,2着,3着,4着,5着,6着以下)です。

前年6月のソング産駆は、
79出走
中央(0,1,1,0,0,12)
地方(4,10,6,8,5,32)

概ね昨年通りの成績ですね。

中央では、マイネルゲール号が昨年8月のシャトーウインド号以来となる勝利を挙げました。
他にも、3歳馬レディカリビアン号が阪神ダート1200mで4着。
最後方から最速で上がってきて勝ち馬からコンマ1秒差。高い能力を見せたレースでした。
新馬のセイカコムルヴァンは、15番人気の低評価ながら5着入選と健闘。
好スタートからよく粘りこみました。小回りの競馬場なら更なる前進も可能かもしれませんね。

地方では、勝ち鞍が3回ということに比べて2着が14回と、勝ちきれない展開が目立ちました。

今月の重賞挑戦は、アイファーソング号の京成盃グランドマイラーズ。
中央登録を抹消されて船橋に移籍したようです。
ただ結果は出遅れて11着に惨敗。逃げれないと駄目な馬なのでこの展開では厳しいですね。


マイネルゲール(中央) 1勝目
11年度産駆として中央初勝利となりました。ダービーデイの勝利でした。

「前が残りやすい馬場というのはわかっていましたが、前半急がせるとラストに響く馬です。道中は無理せず運んで、その分、早めから動いていって直線入口では前の集団を射程圏にいれておきました。ラストはよく伸びて前をとらえてくれましたね。本当に頑張ってくれました。いま考えますと、もしかしたら前回はダートを使ったダメージが残っていたのかもしれませんね。きょうは後肢がすごく力強く感じました。こういう終いを活かす競馬があっているように思います」柴田大知J
「初勝利をあげられてホッとしています。もう一度、東京で使いたいですね」田島調教師

半兄も同じような時期に勝ち上がって、上のクラスでも普通に通用していたようなので期待していたのですが・・・

「マイネルゲールは、屈腱部の腫れと右前肢の跛行が認められました。腱が炎症を起こしており、損傷率30パーセントの屈腱炎で全治9ヶ月以上の見舞金対象との診断。症状が重く、回復にはかなりの時間がかかる見込み。再発のリスクなども踏まえ、引退することになりました。」 ラフィアンターフマンクラブ
無茶苦茶残念です(;ω;)


ゴールドウインド(佐賀) 6勝目
今年に入ってから(4,6,1,0)と、非常に安定しています。
6月も1着1回、2着1回という好成績。


ハシルテンシ(南関) 2勝目
一昨年2月以来となる2勝目。
ただ南関掲示板圏内入着は他地方の1着とほぼ同等の賞金が得られるので、コツコツ賞金は稼いでいた模様。
レースは最内枠スタートを活かしてスムーズに先行。
そのままレースを引っ張り、最後競り合いに持ち込まれましたがなんとかハナ差先着。
よく残ったな。という印象ですね。


ジュメーリイ(門別) 1勝目
今年4月にデビューした12年度ソング産駆初出走の仔で、初勝利もさらっていきました。
ソングオブウインドの初年度世代となる8年度に、
産駒初出走&産駒初勝利を達成したモルフェソングエル号のようですね。
サンデーサイレンスの3×3も一緒ですし、2戦目で勝利したのも一緒(笑)
レースではスタートから積極的に先行し、そのまま後続を寄せ付けることなくゴール。
2着にコンマ7秒差をつける圧勝でした。
モルフェソングエル号みたいにぐんぐん力をつけて2歳重賞に顔を出すくらいになってくれれば嬉しいですね。
プロフィール

K

Author:K
<好きな物事>
競馬 :ソングオブウインド
野球 :松井秀樹
将棋 :木村一基
B'z  :TIME
映画 :フランソワ・オゾン
ピアノ:ファジル・サイ

twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。