スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日チャレンジカップ 回想

夏の延長戦か秋競馬の開幕戦か見極めることが、この時期の競馬に勝つことにとって必要という訳なのですが、このレースに限ってみれば秋競馬の緒戦と考えた方が吉だったようです。

1着△キャプテントゥーレ
昨年の皐月賞馬が復活の狼煙をあげました。
前走叩いて2走目での勝利はお見事。
ディープスカイが引退した今、この馬が上がってこずとして秋競馬は始まらない。
2着ブレイクランアウト
潜在能力が高いのは共同通信杯を見れば分かりますが、
古馬との初対決での2着は立派。
いつもより少し前のほうで競馬をしていたのが少し印象的。
距離のことを考えると次は天皇賞でしょうか・・・
3着トーホウアラン
昨年のJC以来のレース。
昨年の同レースでジャーニーの2着に来ていることから能力は問題なし。
焦点は休み明けがどうか。

今回収支-2000累計収支-6750
年間総投資84200年間総回収101410年間回収率120%
スポンサーサイト

テーマ : 競馬の予想結果
ジャンル : ギャンブル

全米OP2

今回の全米OP。
ことごとく保守派であるKの期待を裏切ってくれました(笑)

優勝したのはアルゼンチンの20歳(もうすぐ21歳)フアンマルティンデルポトロですね。
スペイン語で2回目のスピーチとあったので、ナダルと同じスペインの選手か・・・
と思っていましたが、南米出身でしたね。
年はナダルの2個下になるのかな?ちなみに私の1個下(笑)
とにかく準決勝でナダル、決勝でフェデラーを破っての優勝は素直に実力を認める他ありません。

しかし王者フェデラーはいよいよ厳しくなってきました。
ナダル以外相手のハードコートでの敗戦が目立ってきました。
ナダルの完全復活がまだ先になるのであれば、
ランキング上位6人くらいの実力は相当拮抗してそう。
その中での最年長がフェデラー(28)、最年少がデルポトロ(20)
マレー(22)vsデルポトロ(20)が次世代ライバルとなるのだろうか・・・
ケイ・ニシコリの入り込む余地はあるのか・・・
テニスはネクストステージに移りつつあるようです。

全米OP

今年の全米OP。
フェデラーもナダルも順調に勝ち進んで決勝はまたしてもこの2人の名勝負かと・・・
期待していたのに・・・
ナダルが負けているではないか・・・
しかも大敗・・・
ショック・・・
相手選手も普通にロジャーやマレーやジョコビッチやヒューイットに負けてるところからすると・・・
やはり怪我の影響が・・・
うーん・・・朝からの試合のフェデラーは負けないでね。。。

てか・・・が多いなww

続きを読む

朝日チャレンジカップ 予想

朝日チャレンジカップを予想。
土曜競馬にはもったいないくらいな豪華なメンバー。
6歳世代クラシック戦線馬の生き残りマルカシェンク。
牝馬最強世代の3強の一角ベッラレイア。
去年の皐月賞馬キャプテントゥーレ。
今年のクラシック戦線を賑わした?ブレイクランアウト。
ネームバリューのある馬が人気を吸うのか?夏競馬の活躍者たちが人気を吸うのか?
ちょっとオッズ予想すら難解ですね(苦笑)

◎クラウンプリンセス
小倉記念好走・橋口調教師とこのレースの好走フラグ立ちまくり。。。
○サンライズベガ
近走の安定感は素晴らしい。1番人気はこの馬か?
▲アルコセニョーラ
この馬も夏競馬で頑張った馬。このレースは夏競馬の延長と考えたほうが吉かな。
△モンテクリスエス
重賞レベルなら力上位でしょう。斤量も問題なし。
△キャプテントゥーレ
前走故障明けながらも4着。あっさり勝ってもおかしくないですね。
×コスモプラチナ
前走は途中でレースをあきらめた感じ。穴候補で。

買い目は印の3連複20点。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

にほんご

「破天荒」は豪快で大胆?=40代以下、7割超が誤解-文化庁・国語世論調査

”破天荒”の意味は?
と聞かれると、何の迷いもなく
”豪快で大胆な様”
と答えるでしょう私(笑)

本当の意味は”誰も成し得なかったことをする”という意味だそうです。
へぇー・・・
『信長様は破天荒だ』という言い回しは
『信長様は大胆で豪快だ』ではなく、
『信長様は誰も成し得なかった事をされる』ということなんですね。
なんだか前者のほうがしっくりくるのは気のせいでしょうか・・・

でも言葉って面白いですね。
7割以上の人が本来の意味とは別の意味として言葉を理解している。
『をかし』『かわゆし』『おもしろし』などの言葉も昔と今では全く用法が異なっているように、
『破天荒』も本来の意味とは違う用法になるということも十分に考えられなくはないでしょうか。

言葉は人が作り出した偉大なツールな訳ですから状況に応じて変更・改定していくのは当然の流れ。
3割の人だけが共有する”正しい”認識は7割の人によって認識される”誤った”認識に劣る。

常識が常識たりえなくなることを認めなければならない。
いつまでも常識に囚われていれば本当の真理が見えなくなる。

そう頭では分かっているのだが、今回の政権交代を決して良い物だとは思えない私Kでした。。。

テーマ : Yahoo!ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

K

Author:K
<好きな物事>
競馬 :ソングオブウインド
野球 :松井秀樹
将棋 :木村一基
B'z  :TIME
映画 :フランソワ・オゾン
ピアノ:ファジル・サイ

twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。