スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管&小沢

http://mainichi.jp/select/seiji/minshudaihyousen/news/20100914k0000e010082000c.html?inb=yt

本日(昨日)の民主党代表選挙で管さんが党員票で小沢さんを圧倒し、再任された。

721対491
ポイントにして230ポイント差。かなりの差である。
管支持派の議員が仮に116人が裏切れば逆転するポイント差である。
投開票直前に中立的立場をとっていた議員はたしか40人くらいだった気がする。
よってこの40人がどう投票しようが、今日を迎える以前に既に勝負はついていたということになる。

ではいつ勝負が付いたのか?てかどこで勝負がついたのか?
それは党員サポーターのポイント数。
つまり党員サポーターが投票用紙を郵送した瞬間に勝負ありということだ。
ということでズバリ先週末には勝負は決していたようだ。
まぁ世論調査を見てみれば党員サポーター票でのこの結果は見えてましたよね。

とすれば・・・1つの疑問が浮かんでくる。
小沢氏は何故議員票ではここまで接戦を演じたのか?

議員としてみれば勝ち馬に乗った方が得なのは分かっているはず。
更に国会議員の先生としてみれば党員票の情報を集めることは難しくは無いはず。
今まででも世論人気が高い候補者に議員票が流れていったではないか。

にもかかわらず小沢氏は半数近くの議員票を獲得している。
民主党議員の半数が、世論人気もない落城寸前の小沢城に篭城したのである。
実に奇妙だ。

考えられる理由は・・・

①単純に小沢氏の魅力
つまりカリスマ性?があるということ。
確かにここまで本格的(ビールのCMに出てきそうw?)な政治家は他には見当たらない。
あくまで自論だが、仕事さえきっちり出来る人になら別に何億でも給料をやってもいいのではないかと思う。
無策愚策を弄して国に対して数兆規模の損害を与えるような人がトップになるくらいなら、
たかが数億の裏金・献金の問題があろうが、カリスマ・リーダーシップのある人のほうがマシじゃない?
まぁ仮に小沢氏にカリスマ・リーダーシップがあればの話だがw

②小沢氏へ対する恩
選挙の時助けてもらったから・・・
という理由だけで泥舟には乗らないよね。普通。

③実は同盟軍が・・・
小沢氏が離党してどっかの党とくっつく計画があって、それに連れて行ってもらおうという魂胆??
なんだか本当に起こりそうで怖い・・・かも?
あるとすればみんなの党か・・・

④アンチ管
クリーンなだけが売りならば新卒社会人にでも総理やらせとけって話やん?
的な?

⑤実は茶番
小沢氏が負けるのは確定事項で、議員票は小沢氏の面目を保つための偽装工作。

くらいかなー。

いずれにしても負け戦でこれだけの議員票を獲得する小沢という人物は非常に興味深い。
でも周りにこんな人いたら嫌だよなww
スポンサーサイト

テーマ : 民主党・菅直人政権
ジャンル : 政治・経済

アルコールのないビールって・・・

アルコール抜きビール絶好調、猛暑も追い風

アルコールフリーのビールが大人気だそうです。
特にパーキングエリアや駐車場での売り上げが多いようです。

これだけ見てもヤングな記事ではないようでつ。。
長い時をかけて埋め込まれてきたアダルト独特な雰囲気。。

ベルが鳴る→よだれが出る
というパブロフの犬の例はあまりにも有名ですが、
喉が渇く→ビール
というのはあまりにも・・・

あ、因みに私、ビール自体は大好きですよ☆という前置きをしときつつ・・・
でもノンアルコールのビールを飲むくらいなら炭酸飲むかな・・・(笑)
あ、あと猛暑の時のスポーツドリンクって異様においしいですね^^
スポーツなんてしてなくてもwwwってどうでもいいかw

テーマ : Yahoo!ニュース
ジャンル : ニュース

消費税の逆進性って・・・w

今日は参議院選挙。
消費税の問題が争点になるとかならないとか・・・

まぁ私も一応成人であるわけなので投票には行きますが・・・
福祉問題について私の考え方に近い政党というものが無いので困っちゃいますね。
収入を増やすのではなくて支出を削れ・・・と。
別に医療費は国民がもっと負担すればいいじゃんと思う。
無駄に医者に行く人が減って医者不足も解消してまさに一石二鳥だとおもうんだが・・・

で、話を戻しますが、
消費税を論ずる時によく逆進性の問題が取り上げられます。

消費税の逆進性って何???と思われるかもしれませんが、
消費税の逆進性とは消費税を増税すると低所得者の負担が高所得者の負担よりも大きくなり不公平ダニ!
ということだそうです。

私はその意味が全く分からないww
訳の分からん解説者が都合のいいグラフを使ってTVショーでよく説明していますが、
収入のうち消費する割合が多い(消費性向が高い)低所得者の例と、
収入のうち消費する割合が少ない(消費性向が低い)高所得者の例を並べて、
ホラ、低所得者の方が総収入に占める税金負担増の割合が増えたでしょ。
って・・・w

それだったら、少なくとも短期的には
消費税の増税は消費性向の高い個人の負担が高まると言えばいいでしょう。
本当にマスゴミたんはポピュラリズムが好きなんだからww

確かに低所得者と高所得者の消費性向を比べると低所得者の消費性向の方が高いという傾向があるらしい
それは人間は絶対食べ物を食べないと生きれないが、食べられる量には限界があるからだそうだ。

でも高所得者が今消費しなかったお金ってどこへ行くの?
今は貯金する。でもそのお金は将来の自分か子孫が消費するでしょ?
だから結局自分か子孫が消費税を負担することになる訳だ。
まぁ今消費税が引きあがって将来消費税が引き下がるみたいな事態が起こればマスゴミだんの言ってることは正しいのかもしれませんが・・・まずそんな楽しい事態にはならんでしょう。

つまり消費税は消費する時に全ての人が平等に同率の税金を納める極めて公平な税制度なのです。

よって私は社会保障費のための増税には反対だが、(偽善社会保障費削れボケ)
増税するならば消費税に限ると考える。

最近ウマのことしか書いてませんでしたが・・・
久しぶりに真面目に書いた気がするw

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

プロフィール

K

Author:K
<好きな物事>
競馬 :ソングオブウインド
野球 :松井秀樹
将棋 :木村一基
B'z  :TIME
映画 :フランソワ・オゾン
ピアノ:ファジル・サイ

twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。