スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフトをゲーム論的に考察

今日は2010年度プロ野球のドラフトがありました。

巨人は本格右腕の澤村君を一本釣り^^
大石・斉藤はパリーグへw
4年前に巨人のドラフトを蹴った彼は広島へw
岡田監督は籤運悪すぎw
”わし”は2度目のくじ引きで見事な仕事w

とまぁ面白いドラフトでした。


ところでドラフトといえば、
指名する側から見ればよい選手が欲しい。
指名される側から見れば、よい球団に指名されたい。
という想いが交錯するところが見ている立場からすれば面白い。

この球団じゃなければ絶対入らないと宣言する学生が現れたり、
それにも拘らず強行指名を断行する球団が現れたりするのもドラフトの醍醐味の一つ。



このような現象は逐次手版の2期モデルの単純なゲーム理論で記述できる。

プロ注目の人気選手Aがいたとする
その人気選手は人気球団Cにしか入るつもりがないと事前に宣言していたとする
しかし人気球団Cは1順目では他の選手を指名するつもりなので、2順目まで人気選手Aが残っていれば指名するものとする。
その状況のもとで、1順目でその選手を指名しようとしている球団Bの行動と、人気選手Aの行動を考える。

1期目に球団Bは人気選手Aを指名するか否かを決定する
球団Bは人気選手Aを指名しなければ他の有力選手Dを確実に採ることが出来る。
球団Bによって指名されなければ、人気選手Aは意中の人気球団Cからの指名を受けることが出来る。
→選手Aは意中の球団Cに入団でき、球団Bは有力選手Dを獲得できる。
→選手Aは超満足、球団Bはまぁ満足

球団Bは人気選手Aを指名すればその選手の交渉権を得ることが出来るが、他の有力選手Dを獲得することは出来ない。
→2期目の選手Aの行動によって球団Bが選手Aを獲得できるか否かが決まる

2期目に人気選手Aは球団Bに入団するか否かを決定する
選手は指名された球団にしか入ることが出来ない。
もし指名を拒否すれば浪人して次回のドラフトを待つことになる

選手Aが入団を承諾した場合、選手Aは球団Bに入団する
→選手Aは不満、球団Bは超満足

選手Aが入団を拒否した場合、選手Aは浪人し、球団Bは誰も獲得出来無い
→選手Aはかなり不満、球団Bは超不満

よって(選手A、球団B)の利得は
指名しない:(10点、5点)
指名→承諾:(3点、10点)
指名→拒否:(1点、0点)
みたいな形で記述することが出来る。

ここで2期目の選手Aの行動を考える。
選手Aが取れる行動は、指名を承諾するか拒否するか
承諾した場合、選手の利得は3点
拒否した場合、選手の利得は1点
→よって指名を受けてしまった場合選手Aは承諾する方がマシ!
→いくらドラフト前に人気球団Cにしか入る気がないと言っていても、事後的には球団Bへの入団を承諾するのが合理的

よって1期目では球団Bは選手Aは指名さえすれば入団してくれるものとして戦略を立てる。
その戦略はAを指名するか、Aを指名しないか(Dを指名する)
Aを指名した場合、球団の利得は10点
Aを指名しなかった場合、球団の利得は5点
→よって球団BはAを指名する!

以上の結果より、
想定した状況下では球団Bが選手Aを指名して、選手Aは入団を承諾するという均衡になる。
つまり選手Aのドラフト以前での発言は全く球団Bの行動に影響していないことがわかる。
このようなAの行動を”空脅し”という。


というのがゲーム論的な考え方ですた。。。
まぁ巨人の長野みたいなおかしな人(笑)もいますので理論どおりにならないのが面白いところなんですがね(笑)
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

終戦(゜-゜)

我が巨人軍はー・・・
いやいや逸V4が確定してしまいました。(シクシク)

なんといってもナゴヤドームでの戦跡が悪すぎでしたね。
それから先発の成績が悪すぎましたね。
それから特にゴ○○○スはシーズン通して最悪最低解雇確定ですね。
それから何故大一番にわざわざゴ○○○スを先発にしたんでしょうね。
それから山口を最初から中継ぎで使うべきでしたね。
それから尾花さんは偉大でしたね。
それからバント失敗が多すぎましたね。
それから・・・

と愚痴を言い出すと止まらないです^^

シーズン前の私の巨人分析はコチラ
中継ぎが一番の不安要因と言っていましたが、実際は先発投手が一番の不安要因でした。
グラシン・ヒサノリの離脱オビスポ・ゴ(略)の怠惰は痛すぎた。
内海・東野は前半は良かったのだが・・・
やはりエースというのは相当なプレッシャーが掛かるのか

久保は頑張っていたが最後に力尽きた感じ。てか酷使しすぎ。
越智は完全に予想通りw
山口は素晴らしい。日本NO1の中継ぎ。
マイケルは地味にイイw(何故か彼は好ピッチングしても酷使されないw)
クルーンはさっぱり。
昨年まではランナーは出すけど点数は取られない投手だったのに、今年は防御率3点台後半。
防御率4点台手前のクローザーだったらそら勝てないわな。

今年はフレッシュな選手が上がってこなかったのも残念。
星野はある程度頑張っていましたが、当初期待されていた土本はさっぱり。
中井はどこにいるのか分からないし・・・
うれしかったのは矢野の復活くらいでしょうか^^

来年は私と同世代(谷間世代ともいうw)のD1辻本君の飛躍に期待。
怪我から復帰して、おそらく来年が正念場になるだろう。
T岡田や横浜の山口等この世代の選手も芽が出てきたところなので流れに乗ってほしい。

それから出来る投手コーチの招聘は必須。

最後にCSについて・・・
まぁナゴヤドームでアドバンテージ1勝でやるので出来レースでしょう(笑)
阪神に挑戦権を上げちゃって来年に向けて早く練習してください(爆)

テーマ : 巨人応援日記
ジャンル : スポーツ

大詰め プロ野球

プロ野球のペナントレースも大詰めを迎えました。

我らが巨人軍は現在中日と2・5ゲーム差の3位。
仮に巨人が全部勝ったとしても、中日が全部勝ったら、勝率で中日優勝。
って、マジック対象球団は阪神ってことじゃねぇかw
昨日は勝てた試合だっただけに・・・痛い敗戦。

うん。ということで。
上位3球団を冷静に見比べても逆転優勝はひじょーに厳しい
やはり投手陣の不安がそのままV4への不安になってしまいました。

仮に中日との差が逆に巨人が上で2・5だとしても厳しい。
それだけ現在戦力に差がありすぎる。

阪神はここにきて久保・能見・秋山の3本柱が・・・(時すでに遅しだと思うがw)
中日はチェン・吉見・山本・山井等の好調先発陣に加え浅尾・岩瀬等の万全リリーフ陣。
これは連続では負けないでしょう。。。
それに比べ我が巨人軍は・・・
もう先発は4回までで、高木→久保→越智→クルーン→山口の継投を全試合するしかないっしょw

だが、巨人にも朗報が。
”ヤーノケンジ”の復活&確変モード突入。
ここのところの矢野はいつも打ってるイメージ。
明らかに今一番振れている打者なのに何故先発しない?
と思っていた矢先、昨日は先発スタートで2安打と期待に応えた。
これで明日からも先発で、大暴れ、チームのムードまで変えてくれる可能性も・・・
よく復活してくれた。もうオジサンはそれだけでうれしいお^^



話は変わるが、今年のナゴヤドームはなんだかおかしい。奇妙だ。
ナゴヤで貯金30越えっていうのはおかしすぐる。
で、アウェーでは借金10超えてるわけでしょ?おかしい。
別に甲子園のようなファンという10人目の野手がいるわけでもないし・・・

そういえば、来年から球場ごとにバラバラだった試合使用球が統一されるらしい。
要するに今より飛ばないボールといわれるボールになってHRが減るわけ。

私が思ったのは、よーく巨人オーナーが了承したな。と。
HRが減ればやはり巨人にとっては不利ではないか。と。
・・・
もし新統一球よりも更に低反発の球をナ○ヤドームという広いドームで選択している球団がいたとして、
全くボールが飛ばず12試合中11試合で3点以下の得点しかできず、
それが原因となってその球場で9連敗を喫し、V4を逃しそうになっていたとすれば・・・

線は一本につながるではないか・・・

というのは負け惜しみでつ。
Dファンの方すみません^^

明日からの阪神戦。取り敢えず3タテやでー。。。

テーマ : 巨人応援日記
ジャンル : スポーツ

プロフィール

K

Author:K
<好きな物事>
競馬 :ソングオブウインド
野球 :松井秀樹
将棋 :木村一基
B'z  :TIME
映画 :フランソワ・オゾン
ピアノ:ファジル・サイ

twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。