スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフトをゲーム論的に考察

今日は2010年度プロ野球のドラフトがありました。

巨人は本格右腕の澤村君を一本釣り^^
大石・斉藤はパリーグへw
4年前に巨人のドラフトを蹴った彼は広島へw
岡田監督は籤運悪すぎw
”わし”は2度目のくじ引きで見事な仕事w

とまぁ面白いドラフトでした。


ところでドラフトといえば、
指名する側から見ればよい選手が欲しい。
指名される側から見れば、よい球団に指名されたい。
という想いが交錯するところが見ている立場からすれば面白い。

この球団じゃなければ絶対入らないと宣言する学生が現れたり、
それにも拘らず強行指名を断行する球団が現れたりするのもドラフトの醍醐味の一つ。



このような現象は逐次手版の2期モデルの単純なゲーム理論で記述できる。

プロ注目の人気選手Aがいたとする
その人気選手は人気球団Cにしか入るつもりがないと事前に宣言していたとする
しかし人気球団Cは1順目では他の選手を指名するつもりなので、2順目まで人気選手Aが残っていれば指名するものとする。
その状況のもとで、1順目でその選手を指名しようとしている球団Bの行動と、人気選手Aの行動を考える。

1期目に球団Bは人気選手Aを指名するか否かを決定する
球団Bは人気選手Aを指名しなければ他の有力選手Dを確実に採ることが出来る。
球団Bによって指名されなければ、人気選手Aは意中の人気球団Cからの指名を受けることが出来る。
→選手Aは意中の球団Cに入団でき、球団Bは有力選手Dを獲得できる。
→選手Aは超満足、球団Bはまぁ満足

球団Bは人気選手Aを指名すればその選手の交渉権を得ることが出来るが、他の有力選手Dを獲得することは出来ない。
→2期目の選手Aの行動によって球団Bが選手Aを獲得できるか否かが決まる

2期目に人気選手Aは球団Bに入団するか否かを決定する
選手は指名された球団にしか入ることが出来ない。
もし指名を拒否すれば浪人して次回のドラフトを待つことになる

選手Aが入団を承諾した場合、選手Aは球団Bに入団する
→選手Aは不満、球団Bは超満足

選手Aが入団を拒否した場合、選手Aは浪人し、球団Bは誰も獲得出来無い
→選手Aはかなり不満、球団Bは超不満

よって(選手A、球団B)の利得は
指名しない:(10点、5点)
指名→承諾:(3点、10点)
指名→拒否:(1点、0点)
みたいな形で記述することが出来る。

ここで2期目の選手Aの行動を考える。
選手Aが取れる行動は、指名を承諾するか拒否するか
承諾した場合、選手の利得は3点
拒否した場合、選手の利得は1点
→よって指名を受けてしまった場合選手Aは承諾する方がマシ!
→いくらドラフト前に人気球団Cにしか入る気がないと言っていても、事後的には球団Bへの入団を承諾するのが合理的

よって1期目では球団Bは選手Aは指名さえすれば入団してくれるものとして戦略を立てる。
その戦略はAを指名するか、Aを指名しないか(Dを指名する)
Aを指名した場合、球団の利得は10点
Aを指名しなかった場合、球団の利得は5点
→よって球団BはAを指名する!

以上の結果より、
想定した状況下では球団Bが選手Aを指名して、選手Aは入団を承諾するという均衡になる。
つまり選手Aのドラフト以前での発言は全く球団Bの行動に影響していないことがわかる。
このようなAの行動を”空脅し”という。


というのがゲーム論的な考え方ですた。。。
まぁ巨人の長野みたいなおかしな人(笑)もいますので理論どおりにならないのが面白いところなんですがね(笑)
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

もう5月ですね。

さて暑くなってきたと思ったらもう5月。
でも5月ってこんなに暑かったっけ・・・?

とまぁプロ野球が開幕して1ヶ月ちょい。
セリーグは今シーズンの力の差が既にはっきりとしてますね。
プレーオフに進む3チームは確定と見てほぼ間違いないでしょう。

1位巨人
シーズン前の私の不安どおり中継ぎが大いに不安。
甲子園での阪神3連戦でも終盤で接戦になると全く勝てる気がしなかった。
先発転向騒ぎでリズムの狂った山口を一度ミニキャンプで立て直して欲しいところですが・・・
それから先発投手も意外に手薄。
内海・東野・藤井くらいしかまともな先発がいない。
特にゴンザレス・オビスポの球は昨年と比べるとヒドイ・・・
野手は問題なし。松本に早く帰ってきて欲しい。

2位阪神
久保田の復活がなによりも大きい。
西村というピッチャーもいい球を投げる。
やはりリリーフ陣がしっかりしているチームは強い。
今年は相当巨人に競ってくる可能性があります。
それから甲子園球場での阪神の選手の打球が異様に伸びることに違和感・・・

3位中日
名将落合さんはプレーオフ狙いか・・・?
緻密な野球が出来るだけに選手が疲れてきた夏場以降が怖い。
名古屋でどんどん虎を叩いてもらいたいもの。

4位横浜
想定外の大躍進。
尾花監督の力はそれほど大きいか・・・
巨人戦を見ても昨年ほど楽に勝たせてもらえませんから地力アップしてるのでしょうか・・・
少なくとも昨年よりもモチベーションがアップしていることは間違いなさそう。
ただ、こういうパターンは中盤終盤にかけて失速する傾向が強いと思うのでこれからが正念場。

5位広島
前田健太が素晴らしい。次期WBCのエースは彼でしょう。
でもそれだけ。

6位ヤクルト
予想外の低調ぶり。
昨年の横浜を見ているみたい。
エース石川の不調が大きいか・・・

テーマ : プロ野球 順位予想
ジャンル : スポーツ

10年セリーグ順位予想

待ちに待ったセリーグ開幕まであと1日となりました。
意外と的中率の高い?セリーグ順位6連単を予想したいと思います。

1位巨人
昨日も書いたとおり原監督の現状把握以外に不安はなかった昨年とは異なり今年は明確な不安点があります。
希望的観測を含めて1位予想にしますが、去年ほどぶっちぎることはないのでは・・・
2位中日
地味に地味に力を付けてきた感じがあります。
名将落合率いる竜が今年も一番怖い存在。
3位阪神
昨年はBクラスに転落(私の予想通りでしたww)でしたが、城島の加入はとても大きい。
右打者だけにホームランは20本いけば御の字ですが、守備面・勝負どころのバッティングは大いにプラス。
狩野ちゃんの将来の芽を紡いだんですからAクラスには入ってもらわないとね。。。
4位広島
野村新監督に替わっての初年度。
ブラウンの無能ぶりは楽天を見ていれば良く分かるのでやはり、生え抜きの人が監督になるというのは大きい。
と言っても山本・立川政権でも成しえなかった優勝を目指すのは荷が重すぎか・・・
5位ヤクルト
昨年後半の失速ぶりにはがっかり。
というより昨年の前半が出来すぎだった印象。Bクラス転落濃厚か。
6位横浜
名参謀の尾花新監督率いる新生横浜。
名参謀は必ずしも名将とは限らないと野村さんはよくボヤいてましたが・・・
結果が出るにしてもまぁ来年以降の話でしょう。

昨年の予想はコレ
中日・ヤクルトと阪神・広島がそれぞれ逆でした。
さて今年は・・・

テーマ : プロ野球 順位予想
ジャンル : スポーツ

プロフィール

K

Author:K
<好きな物事>
競馬 :ソングオブウインド
野球 :松井秀樹
将棋 :木村一基
B'z  :TIME
映画 :フランソワ・オゾン
ピアノ:ファジル・サイ

twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。