『Kのだらだらブログ』を訪問していただきありがとうございます。
このブログは齢20代前半♂の暇人が競馬の予想をしたり、
日々の出来事について独り言をしゃべったり、
社会風刺をしたりといった感じの気ままな感じののんびりとしたブログです。


ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックしてもらえると私のモチベーションも上がりますのでヨロシクです。
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


Twitter始めました。アドレスは以下の通りです
https://twitter.com/song__wind


<交流について>
非常識なもの・宣伝目的のものを除いてコメント・トラックバックは大歓迎です。
私の記事・人柄に興味があればどんどんアプローチして下さい。
出来るだけコメントには返答するようにしてます。
相互リンクも大歓迎です。気軽に管理人の方まで言って下さい。
(広告目的のサイト・アダルトサイト・非常識なサイトは除く)


<免責事項>
当サイトに掲載された情報については、充分な注意を払っておりますが、
その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。
当サイトの利用で起きた、いかなる結果について、一切責任を負わないものとします。

ソング産駆月別出走履歴
ソング産駆市場取引馬

8年度産ソング産駆格付け
9年度産ソング産駆格付け
10年度産ソング産駆格付け(まだ)
11年度産ソング産駆格付け(まだ)
12年度産ソング産駆格付け(まだ)


★新着記事
↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソングオブウインド産駆 15年4月 成績まとめ

4月のソングオブウインド産駆の成績まとめです。

4月のソング産駆
85出走
中央(0,0,1,1,2,11)
地方(6,13,9,10,7,25)
読み方は(1着,2着,3着,4着,5着,6着以下)です。

前年4月のソング産駆は、
63出走
中央(0,0,1,1,1,2)
地方(5,9,5,10,4,25)

南関でのグッドグラッドの取りこぼしをはじめ、地方では2着が13回と勝ちきれない競馬が多かったですね。
グッドグラッドといえばちょうど1年前のコスモバルク賞で2着入選したことを皮切りに、
昨年は門別重賞戦線を盛り上げてくれましたが、どうやら今年は南関で頑張るようです。
門別では2歳戦が開始されるので、13年度産駒の活躍にも期待したいところ。

中央では
シャトーウインド号が福島500万クラスで5着
キヨマサ号が福島未勝利で3着
ダイヤモンドバブル号が中山未勝利で4着
グラントウショウ号が福島未勝利で5着
3歳馬の活躍が目立ちますね。

ただ12年度産駒の勝ち馬はまだサンタナブルー号とカゼノトビラ号の2頭だけで、
中央クラシック戦線を賑わせる産駒もいない・・・
ライステラスやアイファーソングに代表される初年度産駆のような活躍を期待していたのですが・・・。

地方では
リュウノヒカル号が岩手重賞のあやめ賞で8番人気4着。
園田からの移籍初戦で支持は集めませんでしたが、見事掲示板圏内へ入着。
その後2戦は1番人気に支持されるも、ともに2着と勝ちきれないながらも力をみせています。

サプライズソング号は南関牝馬クラシックの第二弾、東京プリンセス賞で13番人気7着。
南関移籍後も1着1回、3着2回と力は見せているものの、重賞となるとさすがに厳しかったようです。

勝ち鞍は昨年より1つ多い6鞍。
降級組・移籍組が活躍してくれました。

ラブソング(岩手) 4勝目・5勝目
3月にCクラスに降級してから怒涛の3連勝!!!
岩手競馬では年度初めに在籍馬は前15走以前の成績がリセットされるので、
2歳時に門別で3勝した記録や、3歳時に岩手重賞で掲示板の常連だった記録は考慮されず降級とのこと。
格下相手に取りこぼさないのが大事ですね。

ピラミットパブロ(愛知) 2勝目
4歳の3月になって遅めの1勝目を挙げたばかりでしたが、4月には早くも2勝目。
近6走の成績は2・1・2・1・2・2着と、ここにきて力を付けてきたことが伺えますね。

マイネルガーデン(岩手) 1勝目
中央→園田を経て、岩手移籍初戦でデビュー10戦目での見事初勝利!
4番手追走から最終コーナーでは既に先頭にたち、2着に1秒差をつける完勝。
この感じなら、これからの活躍も期待できそうです。

グランデソング(愛知) 1勝目
中央からの移籍初戦でさっそく初勝利!
中央では9着・15着と力が足りませんでしたが、ここでは!
新天地で息の長い活躍をしてほしいものです。


4月には中央で1頭のソング産駆がデビュー

ホットチューン(母父Galileo (Sadler's Wells系)) 4/26中央デビュー
Sadler's Wellsの4 x 3、Mr. Prospectorの4 x 5、Thongの牝馬クロス
ホットレッグスの4番目の産駒です。
姉のゴールドテーラーは中央3勝、ホットランナーも中央1勝、
もう1頭の姉ホットニュースも中央で3着経験あり、と流石社台の肌馬といったところでしょうか。
厩舎は清水久詞
デビュー戦は8番人気6着
スタートが悪く後方からの競馬で、ポジションを上げて行きましたが6着まで。
上がりだけ見れば3番目の数字と悪くはないですが、
同じ位置にいた2頭が1着・2着と前崩れの展開の割には物足りない結果。
社台に見切られない内に早めの結果が欲しいですね。
スポンサーサイト

ソングオブウインド産駆 15年3月 デビュー馬まとめ

3月には中央4頭
以上合計4頭のソング産駆がデビューしました。


グランデソング(母父アンバーシャダイ (ノーザンテースト系)) 3/8中央デビュー
Northern Dancerの5 x 4 x 4、Seattle Slewの5 x 4
ノースソングの6番目の産駒です。
兄姉は中央で戦う能力には足らず、地方に活路をもとめています。
厩舎は加藤和宏
デビュー戦は9番人気9着
最後方からコーナーで徐々にポジションを上げて行きましたが、9着止まり。
やはり中央では厳しいということで2戦した後に笠松移籍。
ただ移籍初戦でいきなり勝ち鞍を挙げているので、新天地での活躍に期待です。

カウンターポイズ(母父タイキブリザード(Nasrullah系)) 3/8中央デビュー
Seattle Slewの5 x 3、Hail to Reasonの5 x 5、Northern Dancerの5 x 5
ソラノチャーマー の5番目の産駒です。
兄のフリークエンシーは中央3勝の実績馬です。
従兄に日経新春杯、朝日チャレンジC、七夕賞3着のタガノエルシコ
厩舎は中川公成
デビュー戦は5番人気5着
積極的な先行策で直線手前の時点では1着すらあるかと思いましたが、残り200mを切ったあたりから失速。
それでも5着入選は立派です。
2戦目はコーナー回ったときにはもうレースを捨てたようで、しんがり負けを喫しましたが巻き返しに期待。

キヨマサ(母父アグネスデジタル(Mr. Prospector系)) 3/22中央デビュー
Mr. Prospectorの4 x 4
セレスシャインの2番目の産駒です。
兄のカメヤマシャチュウは2歳時に中央で3連続掲示板圏内に入選、地方移籍後も力はみせています。
厩舎は大根田裕
デビュー戦は14番人気5着
低評価を覆す見事な走りで5着入選。
好スタートから先団内に取り付き、伸びはしませんでしたが失速もしませんでした。
2戦目は3着入選と2連続掲示板圏内に入選。
レースが上手な印象を受けます。

ビッグファイナル(母父シンボリクリスエス(Roberto系)) 3/8中央デビュー
Seattle Slewの5 x 5、Hail to Reasonの5 x 5、Northern Dancerの5 x 5
バトルヒミコ の初仔です。
従兄に阪神大賞典2着、アルゼンチン共和国杯3着のヒカルカザブエ
厩舎は菅原泰夫
デビュー戦は14番人気15着
終始後方を回ってきただけですね。
血統的には長い方があってそうです。

ソングオブウインド産駆 15年3月 成績まとめ

3月のソングオブウインド産駆の成績まとめです。

3月のソング産駆
82出走
中央(0,0,0,1,4,15)
地方(8,4,7,4,11,28)
読み方は(1着,2着,3着,4着,5着,6着以下)です。

前年3月のソング産駆は、
51出走
中央(0,0,0,1,0,7)
地方(4,8,3,3,3,22)

不振だった昨年3月に比べ、地方の勝ち鞍は2倍の8鞍、中央では5度の掲示板圏内と、
暖かくなってきて産駒の調子も上向いてきました。

中央では
カウンターポイズ号が中山新馬戦で5着
キヨマサ号が阪神新馬で5着
エターナルウインド号が阪神未勝利で5着
マスソングウインドが中山500万クラスで5着
レディカリビアン号が阪神500万クラスで4着
3歳馬と地方を経験した4歳馬が頑張ってくれました。

地方では
ジュメーリー号が高知3歳重賞の土佐春花賞で5番人気2着
出はよくありませんでしたが、積極的に前前での競馬。
直線は2頭で競り合いとなりましたが一歩及ばず2着。
まだ1勝馬ながら門別重賞サッポロC5着の実力は伊達ではありませんでした。

グッドグラッド(南関) 16勝目
5歳までは門別一筋。
2月に南関へ移籍してから3戦目となるレースで見事勝利。
前2戦は500キロ台と馬体が太過ぎたので参考外。
馬体を400キロ台に戻したこのレースではきっちりと力を見せてコンマ4秒差をつける快勝。
まだクラスはC1なので、どんどん上り詰めていってほしいですね。

マツマエザクラ(岩手) 7勝目
なんと一昨年の7月以来となる勝利
ただその間の成績は、(0,6,8,1,3,1)と決して悪くはなく単純に勝てなかっただけ。
こういう仔がいると3連単フォーメーションを買いやすいんだよなぁ
レースでは3番手で直線へ。
手応え的には届きそうにはありませんでしたが、前2頭がへばったため差しが決まって見事勝利。
てか、初年度産駒はもう7歳になったんですねぇ・・・(しみじみ)。

ラブソング(岩手) 6勝目
岩手では珍しい産駒が活躍する珍事が相次ぎまして、この仔も一昨年の3月以来となる勝利。
岩手B級相手に2着3着こそあるものの、勝ち鞍には恵まれていませんでした。
C級へと降級した途端、能力の違いでコンマ6秒差をつけて見事勝利をもぎ取りました。

サプライズソング(南関) 3勝目
門別でデビューから2連勝して、門別重賞では全て2番人気以内に支持されて4・4・12着と、
この仔には期待が大きいだけにやきもきさせられています。
ただ、主戦場を南関に移していきなり実力を発揮してくれました。
地方競馬最高峰レベルの南関でどこまでできるか楽しみですね。

モルフェティー(佐賀) 2勝目
昨年10月以来の2勝目。
スローペースで、一段の最後方につける展開。
騎手の好判断でコーナーで一気に先頭に躍り出て、辛くもクビ差逃げ切り。
これは騎手のファインプレーでしょう。

ピラミッドパブロ(愛知) 1勝目
デビュー16戦目、4歳になってようやくたどり着いた遅咲きの勝利
レースは先頭2頭による追い比べ、最後はコンマ1秒先着といい内容の競馬。
力はつけてきているので、あとは実績がついてきてくれればいいですね。

レッツゴーブルー(南関) 1勝目
母父スピードワールドという相性のいい組み合わせ
デビュー3戦目で見事初勝利。
外枠スタートながら無理やり前に押し出していく感じでしたが、
最後は2着にコンマ7秒差をつける圧勝。

デンバー(愛知) 1勝目
中央デビューも8戦して掲示板圏内無し(6着は2回)
愛知移籍4戦目での初勝利でした。
スタートは良くありませんでしたが積極的に前に出て、最後は逃げた馬にクビ差だけ先着。
愛知移籍後6戦全てで2番人気以内に支持されていますが、それほど抜けた力があるわけではなさそう。

ドウジマボーイ(園田) 1勝目
17戦目での初勝利
門別で2着4回3着2回と、実力は確か。
ただ園田移籍後は厳しい面子と当たって苦戦していました。
今回は追い込みが決まりやすい展開で、先行して逃げ切った地力は評価できます。
プロフィール

K

Author:K
<好きな物事>
競馬 :ソングオブウインド
野球 :松井秀樹
将棋 :木村一基
B'z  :TIME
映画 :フランソワ・オゾン
ピアノ:ファジル・サイ

twitter
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。